長崎の匠から

アドバイス

ADVICE 1

「出来上がりイメージを、
体感させてくれる」

お客様が完成した家をイメージする為に、施工中の現場を見学させ、体感させてくれる工務店なら安心できます。
現場を見て気づくこと、想うことがたくさん出てくるはずです。

帯田 康一

Kouichi Obita

キイロ・プラス株式会社 代表取締役
長崎県西彼杵郡出身 1977年生まれ
好きな言葉「感謝」
趣味「海釣り」
好きな音楽「ケツメイシ、GLAY」

帯田's policy

プロフェッショナルとしての技術と知識を、いかにしてお客様の家造りに活かしていくか、
いわば<力の貸し方>を常に意識しています。
お客様に寄り添うとは、ニーズを聞くだけではなく、時には提案することも大切だと思います。
なぜなら、プロの知識は伝えてこそ初めてお客様のモノになると思うんです。
Method
帯田's method 1

木材の魅力を伝える(木組み)/Charm Of Wood

木材(国産)へのこだわりは、特別なモノがあります。職人である父の代から大切にしてきた家造りの根幹部分です。材質にこだわり、大きな柱として設計に組み込み、それを職人がプロの技で仕上げていく。そうした仕事の中で、<木材の持つ魅力を見せつけたい!>という想いは強くあります。木組みと言われる仕事は、高いスキルを必要とするので出来る職人は限られています。そうしたプロの技術も併せて、お客様にお渡ししたいと考えています。

帯田’s method 2

お客様のニーズと向き合う(人組み)/Customer Needs

家造りは、あくまでもお客様の想いから始まるモノです。きちんとお客様のニーズを汲み取り、その上で何が大切なのかを判断し、提案していく。我々は言わば、お客様に加勢する黒子の存在です。家造りのプロとして、どういう<力の貸し方>をするのがベストかを常に意識して、お客様と向き合っています。その一環として、ハウス雑貨の取り扱いにも力を入れ、インテリア・内装に関してもお客様がイメージしやすいように取り組んでいます。「家」に関することは、全てサポートしたい!と考えています。

w_ad1_method2_photo1.jpg
帯田’s method 3

安心を届け、守る(心組み)/The Peace Of Mind

木材は軽くて比強度が最も高い建築材料と言われています。日本で育った木は、四季がある気候に適している為、快適な環境を生み出す事が出来ると言われています。また、木造住宅は一見、火災に弱いように思いますが、非常に高い熱にさらされると強度を失ってしまう鉄骨造住宅よりも優位性を持っています。お引渡し後、何かあればすぐに駆け付けきちんとメンテナンス対応をする。そうすることによって、木の家で永く快適に住んでいただくことが可能になると考えています。

帯田 康一

Kouichi Obita

キイロ・プラス(株) 代表取締役

先代からの「木材へのこだわりを活かした家造り」を大切にした上で、若い世代層に向けたインテリア提案などに積極的に取り組む。
「キイロ=黄色(幸せの色)をプラスする家造り」を目指す若き経営者。 趣味「海釣り」
好きな言葉「感謝」
好きな音楽「ケツメイシ、GLAY」

家造りのことで、気になることがあればお気軽にご相談ください。
この工務店にお問い合わせ
長崎の匠 帯田 康一の手掛けた
「国産無垢材」×「現場体感」が両立する家・施工実績をご覧になりたい方はこちらへ
Design

Design

「国産無垢材」×「現場体感」

Nagasaki

3つのCONCEPT

  1. 1, 無垢材へのこだわり
  2. 2, 高い技術力
  3. 3, お客様と共に育つ家づくり

「あなたの生活に黄色(幸せの色)をプラスする」

キイロ・プラス株式会社 Ki-iro plus inc.

〒851-2126 長崎県西彼杵郡長与町吉無田郷2058-3
TEL|095-883-3325
WEB|https://www.ki-iro.com/
請負金額 1,800万円(税別)〜
この工務店にお問い合わせ

「キイロ・プラス株式会社」にお問い合わせ

CONTACT

お客様のことをお聞かせください。

お問い合わせ内容についてお聞かせください。

Leading Builders

西日本 X 8人の匠

トップページに戻る