宮崎の匠から

アドバイス

ADVICE 2

「永いお付き合いを、
イメージ出来るか」

家を建てる時には、引き渡しのイメージばかりを考えがちです。
それも勿論大切ですが、暮らし始めてからのことをイメージするのも大事なポイントです。
どんな家でも、必ずメンテナンスを必要とする時期がきます。
その時のことを考えて、少しでも無駄を省く設計プラン・施工を考えてくれる工務店だと安心です。
永くお付き合いすることを前提に提案してくれているかをチェックしてみてください。

河野 光貴

Ⅿitsutaka Kawano

河野木材産業合資会社 代表社員
宮崎県児湯郡出身 1962年生まれ
モットー「今やらなければならないことは、何かを考える」
趣味「JKCドッグショー参加(2019年ペディグリーアワード受賞)」

河野's policy

国産の上質なヒノキ材を土台や柱に使っての木造軸組工法による木造住宅にこだわっています。材木屋として、植林から携わっていますので、木材の良さを活かし、感じてもらえる家造りは基本です。その上で、やはり永く快適に暮らせるように、経年メンテナンスへの配慮を常に心がけています。
Method
河野’s method 1

生活に優しい/Friendly To Life

地元宮崎県児湯郡エリアは、公務員や農家の方々が多い土地柄。限られた予算の中で、どこまで良いモノを提供するかを常に考え、努力する必要があります。言ってみれば、家計にも優しく、日常生活にも優しい家が求められていると思います。細かな部分の積み重ねで無駄を省き、ローコスト&ハイクオリティーでお客様に喜んでもらえるように努力しています。

河野’s method 2

木の可能性/The Possibility Of Tree

材木屋=木材について知り尽くしたプロフェッショナルとして自負しています。様々な木の持つ特性を活かし、シンボリックな丸太の柱や梁での木の演出も心がけています。丸みのあるどっしりとした丸太は、家を支えてくれる優しさと安心を担ってくれます。また、使用するヒノキ材は耐久性に優れ、木の芳香が素晴らしいことで知られています。こうした、木の持つ可能性をたくさんのお客様にお渡ししたいと考えています。

w_ad2_method2_photo1.jpg
河野’s method 3

永く持つ家造りへのこだわり/House To Keep a Long Time

いい家とは、やはり永く持つ家であることが大前提だと考えています。良質な木材を使用できる利点を活かし、土台・柱のみならず構造材(梁・桁)全て4寸角(120mm以上)を使用する骨太構造を採用しています。設計デザインにおいては、経年メンテナンスを意識することで、少しでも無駄な修繕費用を省けるように工夫をしています。また、専門会社による検査と保証で、地盤保証から完成後の瑕疵保証までしっかりサポートしています。

河野 光貴

Ⅿitsutaka Kawano

河野木材産業合資会社 代表社員

創業以来50年以上の老舗材木屋としての利点を活かし、国産の木材をふんだんに使ったフリーデザインの木造住宅が評判となる。新築施工費用だけでなく、住宅にかかる総コストを削ることに留意した設計プランで地元顧客から高い評価を得る。
モットー「今、やらなければならないことは何かを考える」
趣味「JKCドッグショー参加(2019年ペディグリーアワード受賞)」

家造りのことで、気になることがあればお気軽にご相談ください。
この工務店にお問い合わせ
宮崎の匠 河野 光貴の手掛けた
「ヒノキの家」×「生活に優しい」が両立する家・施工実績をご覧になりたい方はこちらへ
Design

Design

「ヒノキの家」×「生活に優しい」

Miyazaki

3つのCONCEPT

  1. 1, お客様に寄り添ったフリーデザイン
  2. 2, 永く安心に暮らせる骨太構造
  3. 3, 植林~施工まで 木の家造りへのこだわり

「材木屋の造った木のお家」

河野木材産業合資会社 Kawanomokuzaisangyou Limited Partnership Co.

〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南13707
TEL|0983-27-0007
WEB|http://kawanomokuzai.net/
請負金額 1,500万円(税別)〜
この工務店にお問い合わせ

「河野木材産業合資会社」にお問い合わせ

CONTACT

お客様のことをお聞かせください。

お問い合わせ内容についてお聞かせください。

Leading Builders

西日本 X 8人の匠

トップページに戻る