兵庫の匠から

アドバイス

ADVICE 5

「ギリギリまで妥協しない、
プロ意識」

家造りは、1軒1軒場所や条件が違うモノなので出来上がるまで正解は見えてこないモノです。
スケジュールや予算はありますが、より良いアイデアが見つかった時にギリギリまで変更対応してくれるような、妥協しないプロ意識のある工務店を選んでください。

小田 達也

Tatsuya Oda

有限会社小田製材所 取締役
兵庫県加西市出身 1978年生まれ
好きな言葉「忍耐」
好きな漫画「スラムダンク」

小田's policy

その地域、その土地、そのお施主様だからこそ提案できる
快適な住まいが必ずあるはずです。
機械設備に頼らず自然環境を活用した環境に優しいデザインと、
本物の健康素材で健康と幸せをお届けしたい。
こうした想いで1軒1軒「丹精を込めた家づくり」と向き合っています。
Method
小田’s method 1

お客様それぞれの可能性を引き出す/Develop One’s Potential

お客様ごとに、全く同じ条件での家造りはあり得ません。その土地や地域の持つ条件ごとに、新しく可能性を探し出し、お客様の想いと重ね併せていくことが重要だと考えています。場合によっては、マイナスに感じる要素も、発想・アイデアによっては個性に変えることが出来るかもしれません。毎回先入観を持たずに、新鮮な気持ちでプロジェクトに取り組むことを大切にしています。

小田’s method 2

安心・倒れない・健康住宅/Fall Not Health House

現在の住宅は地震に強い・お年寄りや障害者に優しいバリアフリ-住宅・あるいは住宅建材等に使用される接着剤に含まれる化学物質によるアレルギ-症状(シックハウス症候群)等に対応した住宅が求められています。これらの問題点を解決することに真摯に向き合い、家族が安心して、住み継いで行けるような家を、真心込めてコツコツと造っていきたいと思っています。

w_ad5_method2_photo1.jpg
小田’s method 3

お引渡しからずっと続くお付き合い/Long Relationship

家造りは、完成しお引渡しをして終わりではありません。造る時には、一緒に考え、完成してからは一緒に家を守っていく。お客様のほとんどは、近隣の地元で暮らす方々で、同じコミュニティの仲間です。できれば代々大切に家を住み継いでいただき、永きに亘ってお付き合いしていきたいです。海外では、新築住宅よりも中古住宅の方が、市場で高値で売買されている国もあります。 日本でも、古いものの風合いを楽しみながら、住みよく手を加え、快適性や安全性等を保証できるようになればと考えています。

小田 達也

Tatsuya Oda

(有)小田製材所 取締役

製材所としての木材へのこだわりを基本に、地域に根差した家造りの可能性を常に考え、新たな試みとして「ログハウス仕様の家造り」にも着手し、評判となる。自然エネルギーを活かしたパッシブデザインと、お引渡し後のメンテナンス対応にも力を入れる。
好きな言葉「忍耐」
好きな漫画「スラムダンク」

家造りのことで、気になることがあればお気軽にご相談ください。
この工務店にお問い合わせ
兵庫の匠 小田 達也の手掛けた
「パッシブ建築」×「紡ぐ人間関係」が両立する家・施工実績をご覧になりたい方はこちらへ
Design

Design

「パッシブ建築」×「紡ぐ人間関係」

Hyogo

3つのCONCEPT

  1. 1, 「木使い」と「気遣い」
  2. 2, トータルデザイン(用強美)
  3. 3, その後も紡ぐお付き合い

「お客様の家造りの“支援者”でありたい」

有限会社小田製材所 Odaseizaisho inc.

〒675-2444 兵庫県加西市鴨谷町894-1
TEL|0790-44-0014
WEB|http://www.oda.ne.jp//
請負金額 2,100万円(税別)〜
この工務店にお問い合わせ

「有限会社小田製材所」にお問い合わせ

CONTACT

お客様のことをお聞かせください。

お問い合わせ内容についてお聞かせください。

Leading Builders

西日本 X 8人の匠

トップページに戻る